ホーム > 転職サポート&マニュアル > 経理のプロに聞きました!

経理部転職課の転職サポート&マニュアル

経理のプロに聞きました!

公認会計士のA先生に伺いました!

公認会計士の資格を目指した大きな理由、きっかけとは?

離婚により専業主婦でいられなくなったためです。職安で仕事場を探しましたが、職務経歴にブランク(主婦期間)があったこと、小さな子供がいること、などから採用してくださるところはありませんでした。採用面接で「あなたは資格でも取った方がいい」と言われたのが勉強を始めるきっかけとなりました。公認会計士を選んだのは、大学も文学部で、法律、経営、経済などの知識が不足していることを感じていたので、勉強するいい機会と考えたためです。

資格の勉強を始めてから合格(2次試験)までどのくらいの年月がかかりましたか?

丸2年勉強しました。短期コースで受験した1年目は不合格。不得意科目だったミクロを集中的に勉強して再チャレンジした2年目に合格しました。

合格までで一番つらかったことは?

1回目の試験結果が発表後、内定していたと思っていた専門学校での講師としての採用が、実は合格が条件だったと知りました。それまでは受験生講師も採用していたのですが、会計士の人材が供給過剰にシフトした年でもあり、採用方針が変更になったようでした。
夏休みから既にアルバイトという形でみならい業務を行っていたので、中途半端な形で業務が終了しました。しかし、その無念も勉強へのばねになったと感謝しています。

公認会計士になってよかったと思うことは?

監査法人で働くことができたことです。監査法人では業務上、多くの大企業の組織や業務形態を学ぶことができます。特に私の場合は、それまで欠けていた範囲の知識や感性を、監査法人での経験で補充することができました。 また、資格を持っていると、初対面のお客様に一定の信頼を得ることができるようです。お客様にとって、実際は、本当に仕事をこなす能力があるかどうかが大切で、資格の有無は関係ないのですが、仕事をいただくことができなければ能力を発揮するチャンスもできませんので。

これから公認会計士を目指す人にアドバイスをお願いします!

資本市場の重要性の高まり、企業を取り巻くリスクの多様化、会計処理の複雑化などから、公認会計士には社会からの期待が高まる一方です。私は現在、「内部統制」といって、企業において、不祥事を防止し、業務効率を向上するための仕組み作りの支援を専門としています。企業成長を仕組みや人材育成で支えるやりがいのある仕事です。

公認会計士から見た経理実務のプロフェッショナルとは何ですか?

証券取引法(金融商品取引法)、会社法や税法等における公正な会計処理のために必要な知識を持ち、その知識を企業会計に応用できる人。

企業会計に応用できるとは、

  • 経営や組織のために、経理に求められる役割を的確に認識し、その役割のために管理会計などの仕組みが構築できる
  • 適正な会計処理が担保されるよう、会計情報の伝達の仕組みにおいて、不備や非効率があれば改善することができることで、そのためには、現場組織とのコミュニケーションを重んじ、全社の業務内容に精通していることが必要です。

転職サイトINDEX