ホーム > 転職サポート&マニュアル > 履歴書・職務経歴書の書き方

経理部転職課の転職サポート&マニュアル

履歴書・職務経歴書の書き方

転職サポート

転職は、人生において重要な分岐点となります。じっくりと考え時間を掛けて準備をしましょう。
まず、書類作成(履歴書、職務経歴書)をお願い致します。第一次選考で書類選考となる為、書類の完成度によって第二次選考(面談)への道が変わってきてしまいます。言い換えると、書類だけで判断されてしまうので、人事担当者が会いたいと思わせる履歴書、職務経歴書を作成して下さい。これまでの人生の軌跡を表す書類となる訳ですので、貴方の良さを全面に出した書類を作成して下さい。後述しますが、気持ちをしっかり伝える事を心掛けて作成しましょう。

書類を作成する前に

まず、書類作成の前に今までのお仕事で得た知識や経験、その実績、保有資格、など箇条書きで構いませんので、書き出して下さい。大方、書き出して頂いたらその中から整理をしていき、ご自身の強み(自己PR)を把握して頂きます。そうすることで、コンパクトにまとめた履歴書、職務経歴書が作成できます。
また、ご自身の経歴を改めて振り返ることで、書類を作成するだけではなく、面談の準備も同時にできてきます。

履歴書の書き方のポイント
  • 履歴書のポイントは、簡潔に作成した物が良いでしょう。職務経歴書で詳しく記述しますので、履歴書は、すっきりしていて構いません。
  • 自筆で書く場合、 丁寧に、綺麗に書く事を心掛け、気持ちを込めて書きましょう。人事担当者の方も、まずそこに着眼します。字体に自信の無い方へ、綺麗か汚いかは選考基準ではありません。丁寧に書いてあるかどうかですので、気持ちを込めて書いて下さい。この際、修正液の使用は厳禁。間違えたら、書き直しましょう。
    パソコンで作成する場合、誤入力、変換ミスが無いように、作成後にしっかりチェックして下さい。
  • 写真は、第一印象を決める大事な要素の一つです。その後の選考も左右されてしまう可能性がある為、スピード写真よりプロ(写真屋さん)にしっかり撮ってもらった物をお勧め致します。写真の裏には、名前も書いて貼付しましょう。
  • 保有資格は、略さずに正式名称を記載して下さい。また、勉強中の資格がある場合は、その資格も記載して下さい。
  • 自己PRは、貴方の強み(売り)、具体的な考え、希望をポジティブにしっかりと記入して下さい。その際は、簡潔にお書きください。

記入例はこちら

職務経歴書の書き方のポイント
  • 人事担当者の視点に立って、作成して下さい。まず、人事担当者のチェックポイントとして、これまでの会社で何をして、どのような結果を出し、何を身に付けたのか、それを自分の会社でどう活かしてくれるのか、という点を見ています。このことを考慮し、担当者に分かりやすく具体的に記述して下さい。
  • 職務経歴書は、原則自由形式で記載して頂きます。見やすいように各個人が、表形式にしたり、箇条書きにしたり、工夫をして作成して下さい。ソフトは、エクセルかワードが一般的です。
  • 履歴書を簡潔に記述した分しっかり内容を濃く記述しましょう。内容を濃くといっても細かすぎるのも問題です。A4用紙1~2枚にまとめるのがベストです。多くても3枚までにして下さい。人事担当者は、貴方の「まとめる」能力(文章作成能力)も実は見ています。
  • 自己PRでは、自分自身に何が出来るのかをしっかり企業にアピールできるように心掛け、就業への熱意も忘れずにしっかり記述しましょう。

記入例はこちら

履歴書・職務経歴書の書式ダウンロード

履歴書と職務経歴書の書式ダウンロードは下記よりダウンロード可能です。

履歴書・・・書式ダウンロード

職務経歴書・・・書式ダウンロード


転職サイトINDEX